復縁
-PR-
復縁には客観的なアドバイスが有効なことも

霊符を使ってみようと思うシーンの筆頭は別れを受け入れられず復縁を考えるときだと思います。

復縁のまじないや霊符は、対象が自分自身ではないのでかなり大きな力が働きます。ですから、効験を見るまでには何かしらの代償があるかもしれないことを覚悟して作法を守って使うべきだと思います。

また、意外に知られていませんが復縁の呪法には使える条件があります。その条件から外れている場合は復縁の呪法を使っても効験がみられません。

⇒霊符の正しい使い方

書き上げた霊符は清め包みに包んで大切に扱いましょう
スポンサードリンク

【復縁の呪法が使えないケースとは?】

ここで紹介する復縁に関する霊符やまじないは、復縁したい相手と性的な関係を持ったことがあることが前提となります。

ですから、ネットで知り合って盛り上がったけれどまだ会ったことがないとか付き合ってはいたけれど性的な関係を結ぶ前に別れてしまった場合は取り戻せるだけの縁があるかどうかをあらかじめ判断して他の方法を使うことになります。

【復縁の霊符やまじないを使う前に】

本当にその人と復縁したいのですか?

復縁したいと考えている人の中には、『その人』と復縁がしたいのか『彼氏・彼女』と呼べる人がいないのが嫌なので取り戻したいだけなのかご自分でもよく分かっていないケースがよく見受けられます。

ひとつの目安は、復縁が可能かどうかを占ってもらうときに、「復縁できないなら新しい出会いがあるかどうか」を一緒に占ってもらいたいと思うようなら、『その人』でなくてもOKということになりますね。

彼氏・彼女と別れちゃった。周りにはこれという候補もいないし新たに知り合いなおすのも面倒だから別れた人と復縁したいと考えるのならば、復縁の呪法を使わずにご縁招来の呪法を使ったほうがよいと思います。

復縁の霊符やまじないを使うとき絶対守るべきこと

まじないや霊符を使うときは身を清める斎戒を行う必要がありますがこと復縁に関してはその呪法を行っている間は他の人との性交渉は厳禁です。

⇒そのほかの作法などはこちら

【完全に別れてない時のまじないと霊符】

復縁の呪法は完全に別れてしまってから使うものです。
まだ完全に切れてない場合はこちらから試してください。

離れそうな相手の気持ちを引き止める霊符

まだ完全に別れたわけではないけれど、このままだと時間の問題という場合に使う霊符です。


 

wakare2

白い紙に墨書して常に身に着けておけば離れていきそうな相手の気持ちを引き止めることができます。

ただ、符を使えばなんでもかんでもOKということではないので泣いてすがりついたりせずに少し距離をとってみたりするとよいでしょう。(男性は特に追うと逃げます)

相手の気持ちが完全にこちらに戻り符が必要なくなったら、人に見られないように新しいライターかマッチで燃やして川に流してください。


 男性が性的に離れられなくなる呪符

黒魔術由来のこれまた効果の高い呪法です。使えるのは女性のみですが相手の男性は性的に執着心が生まれるので手放せなくなります。

ahai

20~25センチくらいの黒い布でこの図形を切り抜きます。

深夜、誰にも見られないところで精神を落ち着け、左手の中指を図形の丸い穴のところに置き以下の呪文を唱えます。

『スニマニカ・トニノリチーツ・ヒデガート・カニノホーデ・
モナニコノーモ・フト・ニンサマーネ』

この呪文は暗記しておきましょう。
文言の中の「・」のところでこの図形と相手の姿を強く思い浮かべます。1週間くらい毎晩続けたらしばらく休み、また始めてもかまいません。

※これはがっつり効くと別れたくなってもなかなか別れてくれなくなりますし執着され続ける可能性があります。

この呪法が紹介されている書籍には「相手を結婚に踏み切らせる」とありますがやたらめったら執着させる意味合いのほうが強いようです。よくよく考えてから使ってください。

スポンサードリンク

【復縁のまじないと霊符】

簡単だけど効果の高いまじないです。

白い紙に次の文言と相手の名前と年齢を書き込みます。

『ばらの花 針のあるのも 知らずして』

書き上げた紙を箱に入れて(他のものを入れないようにしましょう)人目につかないところにしまっておきます。

この方法に使う紙や箱などは出来るだけ他の用途に使われてないものを使用してください。

※このまじないを紹介した人からはまじないをかけてから1ヶ月くらいしてから、着信拒否までされていた相手から電話がかかってきて会うことになり、そのまま復縁できたという報告をいただいています。

そのほか、1年以上会っていなかったけれど
復縁できたという報告もいただきました。


こちらは霊符ではなくモノを使うまじないです。

復縁したい相手にまつわるもの(写真や贈られたものなど)を左手に持ち右手の平を上にして広げ、金の指輪(細いものでOK)を手のひらの真ん中に置きます。

右手の指を次の順に手の平に折っていきます。
①親指 ②中指 ③小指 ④人差し指 ⑤薬指
指を折るごとに気持ちをこめて相手の名前を唱えます。これを10回繰り返します。

それが終わったら相手の家の方角に107歩歩き、そこに金の指輪を捨てます。

しばらくすると相手から連絡があり、復縁がかなうとされます。

※この方法を紹介した人の中にも復縁できた人を確認しています。


 

復縁の霊符

白紙に墨書して復縁を祈願します。

hukuennhu

 

こういった祈念をこらす霊符は、できるだけ肌身離さないほうがいいので、お守り袋のような霊符袋を用意して首から下げておくと良いでしょう。

スポンサードリンク