【四柱推命】足りない五行のある命式は悪い?

足りない五行 四柱推命

四柱推命は陰陽五行を基本とした占術です。

命式を立ててみるとどれかの五行がまったくない!なんてこともよくあります。ただ、たとえば異性運を観るべき五行が足りないとか、財運にあたる五行が見当たらないと、ものすごく悪い命式なんじゃないかと不安になるかも知れません。

命式に足りない五行はどのように判断するのが正解なのでしょう。

スポンサードリンク

Q:足りない五行がある命式は不運ですか?

A:命式を立ててみてどれかの五行がない!ということは別に珍しいことではありません。なので、別に足りないから不運という観方はしません。

足りなくてもそんなに心配しなくていい

五行の過不足は四柱推命を覚えたての人などにとってはやけに気になることだと思います。

実のところ、出生の命式が整いすぎている人よりも、何かしら傷のある(足りないとか尅を受けてるとか)命式を持つ人の方がここぞというチャンスに強く開運します

整いすぎの人ははじめからまとまっているので大きく伸びることは少なく小ぢんまりとした人生を送りやすいです。

Q:足りない五行の補い方は?

A:基本は巡る運で補填されるのを待つことです。

しかし、補填されるのがずいぶんと先になるような時は、持ち物などで少しだけ補うことができます。

たとえば

年:己巳
月:己巳
日:乙未
時:乙酉

日主が乙(木)、夏月生まれで水がありません。乙はつる草ですから干からびかけている状態です。

大学進学に際していろいろ不安に思うことがありましたが川のそばのアパートに住むことで落ちこぼれることなく卒業することができました。

また、自分に足りない五行が水だとして、命式に水が余っているような人を傍に置くことで少し安定することもあります。

こういった後付けの補い方を邪道だとする人もありますが、上記の例以外にも試してみてそれなりの効果が感じられますから、あなどれないと思います。

五行は持ち物や場所だけでなく、自らの行動で補うこともできます。

これについてはまた機会を改めて説明しようと思います。

スポンサードリンク

四柱推命
あいちぇすをフォローする
吉方位へ開運旅行に出かけよう!
■吉方調べの役に立ちます■
2018年 遁甲盤入り手帳
霊符を自分で書くのは自信がないなら
開運についての話をしようか

コメント

タイトルとURLをコピーしました