進学・転勤と方位~引越し先が凶方位と分かったらどうする?

引越しと方位 開運のためのいろいろ

人生のうちでは家族の転勤に伴ってとか進学・就職のためなどで引越しをする機会が何度があるものです。

吉方を選んでする旅行と違って、こういった引越しはあらかじめ移動先が決まっていることが多く、後から調べてみたら凶方位にあたっていて不安で仕方がないという人がいるかも知れませんね。

引越しと方位について、どのように捉えるのがベストでしょうか。

スポンサードリンク

移動は運に関係する?

易の言葉に「吉凶は動より生ず」というのがあります。本来は易の卦を立ててどの爻が動いたかという意味ですが、人のありように照らしても同じことが言えます。何事か行動を起こさなければ、いいことも悪いことも起こりようがないということです。

生年月日時を使う命術では『持って生まれた運』ということをよく言いますが、家移りで『持って生まれた運』がちゃらになることはありません。ただ、『持って生まれた運』は、その時々に巡る運気や周囲の環境で運の使い道が変わってきます。

東洋占では日々寝泊りしている場所を大極として中心に据える考え方があります。家を変わるということは大極を移すことになるのでかなり大きな「動」です。

何事かが動いたところから何かが始まるのですから、移動と運は関係しているということになります。

吉凶の出る時期

方位の吉凶は、「長距離は大きく短距離は小さく」と「大きな盤は遅く長く深く出て、小さな盤は早く短く浅く出る」という法則があります。大きな盤とは年の盤で、月盤、日盤、時盤の順に小さくなります

引越しの方位をみるとき、気学であれば年盤を使うことが多いものです。年盤の影響が出てくるのは何年も先、どうかすると10年以上先です。

奇門遁甲で引越しを見るときは月盤を使うことが多く、年盤はほとんど使いません。月盤の影響は数ヶ月先くらいから出てきます。

なぜ引越しには旅行などと違って年・月といった大きい盤を使うのかと言うと、移動先に留まる時間が長いからです。

スポンサードリンク

引越しと月・日・時の影響

さて引っ越すことになった。目的地は年盤(気学の場合)または月盤(奇門遁甲の場合)で吉方だから安泰だ~♪…と思ったのに、着いたとたんにトラブル続き(涙)なんてこともあります。

これは、大きな盤で長期的に見れば良くても、出発の日時の月盤、日盤、時盤が悪ければ盤に応じた影響が出てしまうためです。

住む家を移ることの影響は大きいですから、引越しに際してはすべての盤をそろえて(すべての盤で吉にまわるときを選ぶこと)出発するのがベストです。

奇門遁甲キチダス・メイトリクス2016

目的地が凶方の場合はどうする?

どこに行くかこれから決めるのなら吉方を選んでいけばよいのですが、進学や転勤での移動だと吉凶を見る前に目的地が決まっているのが普通です。そのため、移動先が凶方に当っていてどうしましょうということが起こります。

凶方位への引越しでよく言われることは、目的地が吉方になる方角に一度仮住いをして、改めて引越ししなおすという方法ですが、率直に言って この方法は現実的ではないでしょう。県内の大学に進学します というようなケースなら少し無理すればなんとかなっても、何100キロも遠方に移動する場合は吉方を選んで仮住いなんかしたら学校にも会社にも通えませんよね(苦笑)

大極はその場所に連続して寝泊りすることで根付きます。気学では根付くのに75日とも90日とも言われていますから、月いちで実家に帰るとか友人宅やホテルに時々泊まって根付きを遅らせるのがよかろうと思います。

個人的には、年盤が悪くても影響が出るのが何年も先になるならそれまでにまた引っ越す機会もあるだろうから、凶方だからって気に病むことはないんじゃなかろうか?と思ってはいますけど(苦笑)

方位の影響は必ず出るのか?

気学にせよ奇門遁甲にせよ、凶の度合いは非常に深刻な書き方がされています。まあそれだけ影響が出たときは大きいってことでしょう。

実際身近なところでも、奇門遁甲で見てこれはまずいなぁ…という月に新築の建物に移ったお店があります。移動前はスタッフが「ここに来てよかった」と言うくらい雰囲気のよい店だったのに、店舗を移動して半年後には職場がイヤで退職したいと考えているスタッフが3人もいて、すっかり雰囲気が悪くなってしまいました。移動前にはみんなあんなに新しい店舗を楽しみにしていたのに。

もし移転について何か相談されていたらあと数日遅らせるようにとアドバイスできたでしょうが、何も聞かれてないのに勝手にあれこれ言うことはできませんから傍で見ていて口惜しい気持ちがします。

さて、方位の影響は誰にも等しく出るのかどうか。

これは私見ですが、人によって出方には大きな差があると思います。

気学では生まれ年の九星を本命としてこれを中心に考えます。それでいくと、クラスメイトの大半が同じ本命になります。生まれた月から出す月命を合わせて本命・月命で看るのが本格かもしれません。

しかし、私には自分の誕生日を挟んで5日連続で誕生日が続く同級生が6人います(一人は私と生年月日が同じ)。全員本命・月命が同じです。気学では本命・月命・傾斜宮を合わせて性格判断をしたりもしますが、私たち6人は見事に性格がばらばらでした。共通点は同じ学校に通ったことと目鼻手足の数が同じってことくらいだった人もいます。

この違いはどこから出てくるのか。一つは両親の影響、もう一つは住んでいる家の間取りではないかと思います。

気学的に方位を考えるとき、どれくらいの影響が出るのかはこういった個別の差を加味した上で考慮しないと一概には言えないように思います。

奇門遁甲の場合は、四柱推命の命式との兼ね合いで影響がはっきり出たり出なかったりしやすいようです。

今年の引っ越しシーズン3月の月盤は大凶格はない代わりに天地の干が同じになる伏吟なので、凶格ではなくても命式にとって芳しくない方位に移動してしまうと影響が出やすいかも知れません。

たかが方位と言っても、うっかりハマってしまうと鬱々とした日々を送ることになりかねませんから少しでも凶を避けることを考えてみてもいいんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

開運のためのいろいろ
あいちぇすをフォローする
吉方位へ開運旅行に出かけよう!
■吉方調べの役に立ちます■
2018年 遁甲盤入り手帳
霊符を自分で書くのは自信がないなら
開運についての話をしようか

コメント

タイトルとURLをコピーしました