願いが叶って役目を終えたり書き損じた霊符や折符の処分の仕方

霊符の処分方法 霊符の正しい使い方

一般に霊符や折符の効力は1年間と言われています。1年を超えて持つときはまた新たに作り直すことになりますが、古い霊符や折符はお役御免になったからといって粗末に扱ってはいけません。

必要なくなったりためし書き・書き損じの霊符や折符の処分方法についてです。

スポンサードリンク

練習も書き損じも霊符です

霊符や折符にはその形・文字に神聖な力が宿ると考えられています。ですから、不要になったもの以外に書き損じや試し書き・折りであってもゴミ扱いするのは忌まれます。霊符の場合は摺った墨の残りもできれば下水に流さないのが正しい作法です。

私が霊符を書くときは浄化した新品のティッシュの箱をまるごと使って墨を吸わせてお焚き上げに持っていくときまで保管しています。

では、ゴミに出してしまうと悪いことが起きるのか?

別に何もおきないだろうと思います。ただ、書き損じたり不要になったらゴミと一緒くたに思えるようでは霊符や折符の力を敬う気持ちが足りません。

霊符や折符の処分方法

処分の前に折符はもとどおり開いておきます。

その壱

神社でお焚き上げしてもらうのが一番いいと思います。古いお札やお守りを入れる箱が用意されている神社であればそこに入れておけば神社の方でまとめてお焚き上げしていただけます。直接神社にお願いすることもできますが、そのときはいくらかお包みするのがマナーです。

箱も見当たらないしいくらか包んでまで処分をお願いするのはちょっと…と思われるのでしたらまとめて保管しておいて、初詣やとんど焼きの時に処分すればいいと思います。

ただ細かいことを言うと、密教系や道教系の霊符というのもあって、それを神社にお願いするのは本当は少し失礼なことだったりします。たいていは引き取ってくださるようですが。

その弐

神社に持っていくのに抵抗があるときは、自分で処分することになります。

その際は浄化した新品のライターやマッチで火をつけて燃やし、その灰を川に流します。どぶ川ではなく清流に流しましょう。土に埋めて戻す方法もありますが、霊符や折符にこめた願いが叶ったりこれ以上願う必要がない場合は土に埋めるより川に流すほうが道理に適っていると思います。

白木の棒で小さな護摩壇を作って焼くという人もいましたが、火事の心配があるので積極的にはお勧めしません。

その参

最近は煩雑な霊符書写の作法を代わりに行なって霊符を作製してくれるお店が人気です。
開運の護符・霊符販売所京都 かなえや
こういったところで求めた霊符であれば、買ったところに送付すれば正しく処分してくれるようです。

どの方法で処分するにしても、霊符や折符への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

霊符などは1年以上持てない?

年末になると近くの神社から台所に貼る火難水難除けのお札や玄関に貼る立春大吉のお札が配られることがあります。これは、来る1年間の安泰を願って作るお札です。

霊符や折符の効力も1年間と言われます。と言っても1年を過ぎたとたんに状況が変わるようなことはほとんどありません。ただし、働く力のベクトルによっては急速に効力を失いそうなものもあるので、霊符や折符を持ち続けるのであれば定期的に作り直すのが正しいと思います。

スポンサードリンク

霊符の正しい使い方
あいちぇすをフォローする
吉方位へ開運旅行に出かけよう!
■吉方調べの役に立ちます■
2018年 遁甲盤入り手帳
霊符を自分で書くのは自信がないなら
開運についての話をしようか

コメント

タイトルとURLをコピーしました