神社や吉方のお砂や浄化の塩を守る清め包みの折り方

清め包み 神折符

御朱印集めがちょっとしたブームになってます。各地の神社にお参りした際や、旅先が吉方だったときなどお砂をいただいてくることもあるでしょう。

いただいたお砂や清めのための塩ってどうやって持つかちょっと考えますよね。

お砂や清めの塩は清め包みに折った和紙に包んで持てば穢れから守ることが出来ます。



清め包みの折り方

この折り方の包みには霊符以外のものを入れることができます。折り方はそんなに難しくありませんから参考にしてみてください。

用意するものと心構え

新しい和紙
折符のための紙にはサイズが指定されています。横1に対して縦1.41になるようにカットします。…といっても面倒ですよね(苦笑)一般的な書道用の半紙がほぼ横1に対して縦1.41です。若干誤差がありますが多少サイズがずれても問題ありません。

和紙が用意できなければコピー用紙でもよいでしょう。

カットする際も折符のために用意したはさみやカッターを使用したほうがいいです。

清めのための包みとはいえ、これも折符の一つですから、ちゃんとシャワーを浴びて歯磨きしてきれいにしてから折りましょう。

折り始める前に紙を浄化します。
『神火清明 神水清明 神風清明』と唱えながら勢いよく紙に息を吹きかけます。


心を落ち着けて折ります

清め包み

① 紙を下から上に半分に折り上げます。

② それをさらに、1/3の位置で折り上げます。お砂や塩はこの時中に入れてください。

③ 上の部分を下に折さげます。

清め包み

④ 上から下に折さげたところを1/3の位置で折り上げます。

⑤ 裏返して左右を折ります。

⑥ ひっくりかえして出来上がりです。

清め包みはその折り方自体が結界を張るようなものなので、中に入れたお砂や塩は穢れから守られます。清め包みにしてから封筒など保護用の袋に入れてもいいでしょう。



神折符
あいちぇすをフォローする
吉方位へ開運旅行に出かけよう!
■吉方調べの役に立ちます■
2018年 遁甲盤入り手帳
霊符を自分で書くのは自信がないなら
開運についての話をしようか

コメント

タイトルとURLをコピーしました